最適なプレゼント〜オルゴール〜

最初に女の子にプレゼントしたのが、実はオルゴール。

中学2年だったと思う。
当時の彼女に送ったものだ。
プレゼントと言っても、自分でバイトしているわけでもなく、
月々の少ないお小遣いとお年玉の残りを細々と使うことしかできない。

そんなしょうもない金額では、たいしたものも買えず、
それなりに見栄えのする安くて女の子がよろこぶもの・・・。

精一杯考えて選んだオルゴール。

夏休み、たまたま家族で旅行に出かけることに。
しかも、できたばかりの彼女の誕生日に!
親、兄弟と旅行なんてちょっと気恥ずかしいし、嫌だな、
と思いつつ、旅行の計画を一生懸命調べている母親を見ると、
自分だけ行かないとは言い出せなかった。
兄貴も、 「バイト休むのかよ・・・。」 と、あきらかに憂鬱そうだった。
けれど、やはり母親に反対の意思を伝えられなかったようだ。
彼女に、

「おみやげ、買ってくるから。」

と、謝り、涙ぐむ彼女をなんとかなだめた。
そりゃそうだわな。 彼女にとっても初めてできた彼氏と誕生日に会えないんだから。
訪れた先は、普通の旅館。
聞いたことはあったが東尋坊から海を見渡すと、かなりの迫力があった。
さすがは自○の名所。
おれは、みんなに自慢してやろうと考え、精一杯腕を伸ばし、
携帯の画像に収めようと崖から身を乗り出した。

「カシャ。」

確認すると、見ているほどの迫力がない。
もう1枚撮ろうか迷っていたら、いつの間にか後ろから兄貴が近づいてきていた。

「わっ!!!」

別に、突き飛ばされたわけでもなく、ガシッと肩をつかまれただけなのに、
おれは身体が浮き上がるくらい驚いてしまった。
なんとか満足する写真を撮って、彼女にメールしてみた。
けれど、彼女からの返信は、

“楽しそうでよかったね”

絵文字もない真っ黒なメール。 怒ってる・・・?
おれはあわてて彼女へのおみやげを見に行くことにした。
このときはまだオルゴールという選択はなかったのだけれど。



〜我が家のお気に入りは〜

私の家系はパンが好きで、いつも休みの日はパンをたくさん買ってきます。食パンやフランスパンなど、いつもたくさん買いすぎて残ってしまいます。そんな時、家ではいつも余ったパンをラスクにして食べます。卵と砂糖で甘くしたものやガーリック味にしたものなど、子供たちは甘いのが大好きなので、いつも作ると兄弟で取り合いしています。作ったばかりなのに、アッという間に無くなってしまうんですよね。主人はガーリック味が好きです。いつも作ると大事に夜まで取っておいてお酒と一緒に楽しんでいます。最近、ちょっと太ってきたので、お酒もほどほどにしてほしいのですが。ラスクって、飽きないんですよね〜。食べだすと止まらないのは分かります。私も家族もラスクが大好きなので、通販でも美味しそうな所を見つけるとよく買っています。自分では定番の味のものしか作れないので、たまにちょっと変わった味のラスクが食べたくなるんですよね。通販で買うとブルーベリーとかアップルシナモンとかいろいろな味のラスクがあって、とっても美味しいんです!いつも欲張って買いすぎてしまうんですけどね。子供たちに見つかると、すぐに無くなってしまうので隠しておいて小出しにしています。ラスクはパンだけど水分が少なくて保存性もあるので子供たちのおやつには丁度いいです。



現代の日本は経済的に豊かになった一方で、いろいろな物が急成長しすぎたことで、それに順応できなくなった人たちや競争社会や高齢化が進んでいることや、さまざまな理由から心の病にかかる人が多くなりストレス社会とも呼ばれています。現代の引きこもりの人たちは年々増え続けています。年齢別では30代の働きざかりの人たちの引きこもりが45%近くにも及んでいます。引きこもりの原因はさまざまですが学校や会社でのいじめや周りの人と上手く人間関係が築けないなどのことから、自分が目にしたくない現実を見なくてすむように閉じこもるなどです。誰しも、心にストレスというのは抱えているものです。ストレスを抱えすぎると自律神経が乱れ、さまざまな心の病を引き起こす原因になります。病を発生させてしまう人はストレスを解消する場所がない人が多いのです。悩みごとがあったりしても親や友人には話せない人などはカウンセリング 名古屋のようなところで悩みを相談してみてください。小さな悩みだからとカウンセリングは大げさに思うかもしれませんが、その小さな悩みから少しづつ心が乱れてしまうことがあります。友人などに悩みを相談するようにカウンセラーに悩みを相談してみることで、きっと穏やかな日々を取り戻せるのではないかと思います。



歯並びというのは、とても大切です。歯並びが悪いとバランス感覚が悪くなり身体にも支障が出たりしますし、運動能力に影響を及ぼしたりします。プロゴルフの選手でも競技のために歯列矯正をする人は少なくありません。歯列矯正をしたことでゴルフボールの飛距離が50ヤード以上も伸びたという話もあります。歯並びが悪いと充分な力も入らないため飛距離が伸び悩んだり、歯並びが悪くて充分な睡眠が取れないなど理由は、さまざまですが、こういったスポーツに影響を及ぼすのは確かです。しかし歯列矯正は昔から、お金がかかるものです。そんなに簡単に矯正治療を決断出来るような金額ではありませんよね。歯列矯正は100万近くもかかるといいますから。日本では高額な歯列矯正がタイでは日本円にして15万程でできるという話を聴いたことがあります。とても日本より安いです。日本でも、これくらい金額が安ければ、もっと矯正治療を受ける患者さんたちはいるのではないでしょうか。私も福井市 矯正歯科で治療を受けたい一人です。しかし問題は料金です。料金が高過ぎてする気になれないのです。私は日本での矯正治療が保険診療になることを祈って、それまで待ちたいと思います。若いうちの方が矯正治療はやりやすいというので矯正治療をしたいというかたは早めに治療したほうがいいでしょう。

私の姉は首が細くて長い。 そのせいなのか、ムチウチの痛さの様な感じで首を痛めることが多い。寝違えは本当に多くて、会うたびに、首を寝違えてさ…と困った様子。 そんなに寝違うことが多かったら、日常の車の運転も支障があるのではないかと思うので、心配です。首が細くて長いせいなのか、肩こりも酷く、いつも肩が凝ったと言っている。 全体に筋肉を付けて鍛えたらどうだろう…。 私の首は姉とは似ておらず、短くて太め。 だからなのか、寝違えることは稀で、肩こりもそこまで感じたことがない。 細くて長い首に憧れるが、日常そんなに痛みが伴うのかと思うと、私の様な首でも良かったかな…と思ってしまう。 人って、ないものねだりになりがちですけれどね。 症状改善のためには、ムチウチを診療してくれる所むち打ち 金沢があるので、一度相談してみたらどうかと話しをしたのでした。

子供が出来て、出産を決めた産院ではいつも、優しいオルゴールの音楽が流れていた。 オルゴールの曲はゆったりとしたテンポに仕上げてある事が多く、その方がオルゴールの優しい響きが感じられ、最大限に魅力が感じられると思うのだ。 マタニティオルゴールなんてCDもある位だ。 産院の外に居る時は、世間の荒波にのまれ、日々のせわしい生活に疲れているのに、産院のゆったりとしたソファーで自分の予約時間を待っている時は、何も考えず、ゆったりとお腹をゆっくりさすりながらお腹中の赤ちゃんと心で対話ができる、至福の時間だった。と、今になっては思う。 今は、子育て真っ最中。 自分のことなんていつも最後に後回し。食事の準備や、明日の準備に追われて、瞬く間に1日、1日が過ぎて行く。 そんな時こそ、夜の少しの時間だけえも、ゆっくり1日を振り返る静かな穏やかな時間があっていいと、いや、作らなければいけないと思う。そんな、ゆったりした時間に聞くオルゴールの音色は、さぞ、心に沁みることだろう。そして、疲れが癒され、明日も頑張ろうという活力が湧いてくると思うのだ。

ターンテーブルって、ワクワクしませんか? 自分の家にないものだからかな?中華料理屋さんでターンテーブルもワクワクしますし、先日出かけた、ラーメン屋さんにもありました。円卓で真中に浮きあがったターンテーブルがあって、そこに箸、こしょう、酢、醤油が置いてあって、どこへ座っても回したら手に取りやすいという感じになっていました。でそれを使っているのは珍しいな…。って思いながら、必要以上に回しちゃう自分がいました。落ちつけって!!その時、友人の知り合いも一緒に食事をしていたのですが、食事の場所にしかないと思っていたターンテーブルでしたが、その友人の知り合いの人が機械に詳しい人で、ターンテーブルに浮かれている私に、実は電子機器の基板の検査の過程で使われる機械にも採用されているという話を聞かせてくれて、さらにビックリしたのです。株式会社ニューリー土山という会社の、回転プレスという機械。しかも、機械が大きくて場所を取るものだと、作業スペースが減ってしまいますが、省スペースとのもので、場所もとらないと言うことなんです。世界初だか、日本初だかの、コンピュータだか、計算機だったか?記憶は曖昧ですが、何かの機械だったと思います。今ではすっかり小型化して生活の中に入りこんでいるものだったと思います。部屋にいれたら生活出来ない位の大きさだったそうですが、いくら機械と言ってもそこまで大型のものが扱いづらいですものね。それが今や卓上に置けるサイズになり、仕事に欠かせない存在になっているのだと思うと、その進化がスゴイものですよ。 検査の時間を短縮できるための仕組みが備わっていて、とっても有難い機械のようです。検査中に検査済みの取り出しをして、次の基板のセットを行えるような機械になっているようなんです。それだと、検査するのを待って、次の基板をセットするというタイムロスをなくすことが出来ますよね。納品までの流れを見ると要望を依頼すれば製品ができてしまうみたいですが、ニューリー土山さんも良く考えたものだな〜って、感心しちゃいますよ。友人の知り合いも、機械もいろいろあるんだよって、熱く語っていましたね。